岐阜サマーサイエンススクール


 中学2年生100名を対象とし,毎年8月上旬に中津川市で開催される.

1995年からスタート.1998年は,84日から8日まで4泊5日で開校.

   


豪華な講議教授陣

軽部征夫先生「生命の不思議」

小尾信弥先生「宇宙のかたちとしくみ」

末松安晴先生「通信の話」

末松良一は,講議「進化するロボット達」と工作実習を担当している.

また,GSSSの副実行委員長も務めている.

 

充実したスタッフ陣

サイエンスクラブ「ビッグバン」会員の協力

中津川市教育委員会を中心とした職員の協力

 

周到な準備と安心システム

パソコン通信/モデルロケット打ち上げ/工場見学/天体観測

グループ生活/日刊ニュースレター/衛生管理/救急対策


 講議「進化するロボット達」

 

【要旨】茶運び人形は,日本のロボットの原点である.からくり人形と西欧のオートマタ(自動人形)とを比較して,日本人と西欧の人達とのロボットに対するイメージの相違を説明する.
 日本に集中して活躍する各種の産業用ロボットや,世界のロボット研究者のロボットを紹介しながら,人間主体で,人間と共存できる未来のロボットはどうあるべきかを問う.


工 作 実 習

9596年度「蒸気機関車」

産業革命の中心となった蒸気機関で走る車 生徒達は夢中になって製作した

出来上がった作品によるタイム競走も行わr

      

「ベビーエレファント」ヤマザキ実習教材 2850

97年度「ポーターロボット」

茶運び人形の現代モデル モータ,リンク機構,ダイオード,ランプ,スイッチなどから構成

うつ伏歩き,仰向け歩き,2台を合体して押し相撲ロボットなどに工夫した作品もあった

「メカニカルポーターロボット」優良教材 1800

98年度「エジソン型コップ蓄音機」

自分の声が録音・再生できる素晴らしい教材 音が振動現象であることを実感できる

     

デジタルドリームキッズ「エジソン生誕150周年記念教材」 右:98年改良モデル 


モデルロケットの組み立て・発射実験

J.F.ケネディが米ソ宇宙開発競走に危機感を抱き,NASAに設計を依頼したのが始まりという

全米の小学生にモデルロケットを体験させ,宇宙開発への関心をひき起こした

   

        発射台準備よし!Ready!    点火! FireGo!   回収 Recovery 


・詳しい内容は,岐阜サマーサイエンススクールホームページへ


末松良一(Yoshikazu Suematsu) 電子メール:suekarako@qc.commufa.jp