ローマ日本文化会館
2004.1.22

我々を迎えた会館スタッフ、九代目の左:鶴見さん、右:館長代理

     

会場設営、からくり写真パネル。

     

講演開始、ほぼ満席。


     

イタリア語の通訳は日本人の青年

子供から大学生、お年寄りまでさまざまな年齢層の観客。

     

愛知万博の紹介とからくりホームページの紹介をして講演終了。終了時には盛大な拍手。

質問も多く出た。日本のからくり人形の絵図を持ってきて見せてくれた。


九代目の実演中、何度も拍手喝采を受ける。

     

2台のカメラで撮影し、スクリーンに写し出された。

      

茶運び人形の実演で茶碗を受ける子供の動作が会場を和ませた。茶碗を置くと同時に人形の向きを手で変えたのだ。
弓曵きが矢を放つたびに、会場から拍手が沸き起った。